人気のアウトドアケータリングで気をつけたいポイント!

未分類

近年、企業やウェディングなどの特別なイベント以外でも、気軽に個人でケータリングを利用する人が増えてきました。中でも人気なのが、お花見やピクニック、BBQ、キャンプなどのアウトドアごはん。いつものアウトドアイベントが手軽に豪華になってしまうだけでなく、準備も不要で荷物も少なくて済むのが人気の理由です。しかし、アウトドアごはんも場所や状況によって気をつけたい点がいくつかあります。どんな点に注意したら良いのでしょうか?いくつか見てみましょう!

気をつけたいポイント①予約はしっかり!

アウトドアイベントを計画タイミングは、多くの場合週末や連休中になりますよね。そのようなタイミングはケータリング会社にとっても繁忙期になります。早めにケータリング会社に連絡し、そもそも公園などアウトドアに対応しているのか、いつまでに予約やお料理の量、内容を確定すべきなのかを確認しておくことが大切です。

気をつけたいポイント②受け取り時間、場所の確認を!

大きな公園など、入り口がいくつもあるような場合には、ケータリング会社と受け取り時間、場所をしっかり確認しておきましょう!当日、電話で連絡できるようにしておくことも重要です。キャンプ場やBBQスペースなどであれば、会場の住所を伝えておくことも忘れずに!公園などであれば、自治体のウェブサイトなどに住所が記載されていることが多いので、こちらも事前に伝えた上で、どこで受け取るかを決めておくと安心でしょう。

気をつけたいポイント③支払い方法も事前に確認!

ケータリングの支払い方法を事前に確認しておくことも大切です。事前にクレジットカードで支払いを済ませておけるのか、当日に現金で支払う必要があるのかなど、注文をする量が多ければそれだけ高額になるので、事前に確認しておきたいところです。領収書が必要な場合には、その旨を事前にケータリング会社に伝えておきましょう!

気をつけたいポイント④どんなフードを求めてる?

子供が多い場合には、子供にも食べやすいフードがいろいろあると嬉しいですよね。一方、大人が多いアウトドア飲み会的イベントの場合には、お酒のおつまみ中心が喜ばれるでしょう。誰が参加するどんなアウトドアイベントなのかを考えて、ケータリング会社に事前に相談しておくと良いでしょう。

また、夏の時期には食べ物が傷みやすいので、生ものを避けるなど、傷みにくいフードを相談しておくことも大切!

気をつけたいポイント⑤ゴミは最小限になるように!

ケータリングをお願いする際には、使い捨ての容器などを使ってもらうようにすると、撤収、回収の手間が省ける分、オーダーする側にとってもオーダーされる側にとっても楽だと言えます。ただ、気をつけたいのがゴミの量。フードの量を事前に把握するのはなかなか難しいのですが、食べ残しがないようオーダーしたいもの。特に公共の施設ではゴミの処理も大変です。公園などではゴミ捨て場の場所なども確認しておきたいですね。

いかがでしたか?こちらの記事も参考にしてみてください。楽しいアウトドアイベントになりますように!

ケータリングでワンランク上のアウトドアごはん

ケータリングについてのお問い合わせはこちらまで!お気軽になんでもご相談ください。

https://catering-hungryspace.com/contact

文/ hazuki

関連記事一覧